読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Galerie

ネイルアートギャラリー

新ブログに移行しました
↓↓
Nail Art Design Gallery

アートチップ・フレンチネイル+ラインストーン

f:id:astudyinscarlet:20160718002408j:plain

黒崎えり子さんのコピー。ベースカラーはエリコネイルの4番、フレンチ部分はマットな白。スマイルライン上にクリア、ピンク、レッドのストーンをあしらう。

デザインはこちらの本より。

えり子ネイル―トップネイリストの人気デザインのすべて (AC mook)

えり子ネイル―トップネイリストの人気デザインのすべて (AC mook)

 

黒崎氏に対して、「案外普通でたいしたことない」といった批判を目にすることがあるが、それは見当違いである。順番が逆なのだ。黒崎氏が「普通」を作ったと言っても良い。ありそうでなかったデザイン、初めて見るけれど、昔からあったような安心感があるデザインはすぐに受け入れられて、新しいスタンダードになる。これは奇抜なデザインをするよりはるかに難しい。黒崎氏はラブリーなデザインが多いためあまり気づかれないが、彼女のやっていることはまさに「モード」である。全く新しいものの提示。上からの、縦の啓示なのだ。それが世に広まり、トレンドとなる。初期の本である「えり子ネイル」の内容はとにかく実験的で、まさにモード。実用的ではないし、実際のサロンワークには向かないものも多かったが、スピリットが感じられてネイル本の中では一番好きだ。Vカットのストーンなどは大城智之氏の十八番だが黒崎氏はこの本ですでに使用している。黒崎氏のネイルはどれも品がある。かわいい系のネイルはやりぎて下品なものが多いのだが、黒崎氏の場合は絶妙で絶対に品格を失わない。技術は言うまでもなく、そのあたりのさじ加減、バランス感覚がずば抜けている。ストーンの配置もセンスを感じさせる。アニメのキャラクターを爪に描いたり、超絶技巧の3Dを作ったりするネイリストもすごいとは思うが、それはネイルとは別のもののような気がする。